So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国人が大嫌いなスポーツ選手  韓国崩壊 [韓国崩壊]





フィギュア女子で2014年ソチ五輪金メダリスト
アデリナ・ソトニコワ(18、ロシア)が、

3年後に開催される平昌五輪出場のために
韓国を訪問するのに「不安」を抱えていることを告白した。

ソチ五輪で2連覇を目指した韓国のキム・ヨナは銀メダルに終わり
、韓国内では採点を巡って国際スケート連盟(ISU)に
提訴する事態にまで発展

韓国のネットユーザーらは
ソトニコワを非難するコメントを次々に書き込んだ。

2月に韓国で開催されたフィギュアの四大陸選手権では
観客席にキム・ヨナに対する採点に抗議する横断幕が掲げられるなど
「採点問題」が依然として沈静化されていない実態を浮き彫りにしている



今回のインタビュー記事は、ソチ五輪でキム・ヨナに勝った後
平昌五輪に行くことは怖くないか-と質問したことに応じている

それによると、ソトニコワは韓国を訪問することに対し、
「正直、心配している」と答えた。

さらに「キム・ヨナは韓国でアイドルだと思っている。
その一方で、韓国の人たちは私を非難していると考えているわ」と
自らの思いを述べている。

ソトニコワはソチ五輪で金メダルを獲得した直後から
ネットにキム・ヨナの熱狂的なファンから

数え切れないほどの侮辱的なコメントが書き込まれたと、
ロシア・メディアが伝えていた。

ソトニコワはすぐに削除したが、
ツイッターで
「自国のスポーツ選手を支持するのは間違っていない。
それは個人の自由。
でも、ここに汚い言葉を書き込まないでください」などと嘆いていた

今回のインタビューでは
「キム・ヨナは、日本の浅田真央や
イタリアのカロリーナ・コストナーとともに
とっても好きなスケーター」とも語っているが
韓国ではいまだに受け入れられていない様子だ。

というのも、韓国のメディアがこの記事を報じたところ、
ネットには
「韓国人が大嫌いなスポーツ選手の1人」などと書き込まれている。

韓国・聯合ニュースによると、
四大陸選手権が開催された2月13日、
女子ショートプログラム(SP)の整氷時間に

「キム・ヨナの一部のファン」(韓国メディア)が
英語で書かれた「我々は絶対に忘れない」
「ソチは終わっていない」
「ISUは改革が必要だ」
などの横断幕を一斉に広げた。

「国民の妹」と称されるキム・ヨナ人気の高さをうかがわせる。

そのためか、
依然として「キム・ヨナ狂想曲」は癒えることがないが、
根底には「恨」という国民文化が強くうかがえる。


米誌ニュース・ウイークは
ソチ五輪の採点に関連して
「今回の出来事は『大国にいじられる韓国』
という構図を思い起こさせる。

だからこそ恨が呼び覚まされるのだろう」と
韓国関連の著書のある識者のコメントで紹介していた。

ソトニコワが今回のインタビューで
懸念を語った背景には、

この「恨」文化が少なからず影響してはいないか。
彼女は14~15年シーズンを足のけがの影響で欠場した。

けがは回復し、来季への復帰に向けて努力しているようだ。
最近、平昌五輪への申込書を提出したという報道もあるようだが、
無用な心理的なプレッシャーでアスリートを抑圧するのは
国の威信を懸けた五輪を貶めはしないか


まあ韓国人の恨みや妬みはしつこくてきりがないので
まったく気にする必要はないな






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
o